ダイアグステーション ダイアグマイスター
HOME › 自動車事業部 › ドライブレコーダー

自動車事業部

 

ドライブレコーダー

日頃から、どんなに気を付けていても予期せぬ事故に巻き込まれる時もあります。その時、自分に非が無くても、それを証明できなければ大きな不利益を被ってしまうことも…。
そんな時に役立つのが、車載カメラとも呼ばれる「ドライブレコーダー(ドラレコ)」があれば万が一の事故の際に最大の役割を発揮し事故処理がスムーズになります。事故の他にも、「あおり運転」や「当たり屋」の被害にも映像がもとに対処・証明することが可能です。

ドライブレコーダーの体験談

ドライブレコーダーを取り付けていて「助かった」「良かった」と思えたお客様の体験談をご紹介。

体験談 ①
当て逃げ防止に!!


ショッピングセンターに買い物をしに行った際に、休日だったのでとても駐車場が混んでいて、停めるところを見つけるのに精一杯でした。探し回りようやく見つかったのですが、隣の車がかなりこちら側に寄せて停めていたので嫌な予感がしながらも停めました。
買い物から戻ってくると案の定、私の車にこすった跡が残っていました。ドラレコを確認したところやはり、隣に停めていた車がぶつけていたようで、ナンバーもしっかり映っていたため、警察に届け当て逃げをされずに済みました。

【ドラレコを選ぶポイント】

ドラレコは走行中だけでなく、駐車中の様子を記録することも可能です。
※車載電源ゲーブルが必要となります。
その方式は様々で電源の確保の方法や利便性の面では、メーカーやモデルごとに大きな差がありますが大抵のドラレコに対応しております。

体験談 ②
後ろにもドラレコがあれば…


赤信号で停まった際、後ろに車にぶつけられてしまいました。
しかし相手側は急停止されたと証言。
走行中から車間距離が近く怖いなと思っていましたが、前方のみしかドラレコがついておらず、相手側はどちらにも付いていなかったために証言を明確に証明することが出来ませんでした。

【ドラレコを選ぶポイント】

このような場合に応じて前後にドライブレコーダーが付いていると, 費用はかかってしまいますが様々なトラブルを回避できるので更に安心してドライブを楽しんでいただけます。

選ぶポイント

ドライブレコーダー(ドラレコ)の種類は様々です。GPS機能が搭載されたものですと、記録時の自動車の速度・日時・場所を正確に記録でき、万が一の保険になります。
全天球型のドラレコは左右からも撮影出来るので、急な飛び出しや追突には強敵になる反面映像自体も球なので後方が見にくく、状況によっては車のナンバーが映らないというデメリットがあります。(全天球型の場合、別で後ろにドラレコを取り付けることは出来ません。)
では、「どんなものがよいのか?」「金額はいくらくらいなの?」と悩まれたら、まずはお気軽にご相談ください!

三興電通ではお客様のニーズに応じた商品を見つけ丁寧に取り付けさせていただきます。お問い合わせをお待ちしております。

せっかくネットで購入したパーツを「取り付け出来ない」「合わない」と言った場合がありますので、購入前に当社にご相談いただくことでスムーズに作業を行うことが可能ですので事前にご連絡下さい。
また、車検非対応の取付パーツは当社ではお断りしておりますので予めご了承下さい。

ドライブレコーダー / メーカーの特徴


 

【コムテック】
どれを付けるか悩んでいる方


 

【ケンウッド】
ナビとの連動をしたい方


 

【ユピテル】
レーダー探知機と連動できます